Tagffyサービス利用規約

この利用規約(以下,「本規約」という。)は、Tagffy(以下,「当方」という。)がこのウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」という。)の利用条件を定めるものです。登録ユーザーの皆さま(以下,「ユーザー」という。)には,本規約に従って,本サービスをご利用いただきますと同時に本サービスのご利用することによって、本規約に同意していただいたものとみなすものとする。

第1条 (適用)

本規約は,ユーザーと当方との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとする。

第2条 (利用登録)

ユーザーは、当方が定める方法で、当方が必要と定める情報を登録することにより、ユーザーの資格を取得するものとする。

第3条 (パスワード等の管理)

1. ユーザーは、自己の責任において,本サービスのメールアドレスおよびパスワード等の情報を適切に管理するものとする。

2. ユーザーは、本サービスのパスワード等を第三者に不正に利用されないようユーザー自身で厳重に管理し、ユーザー以外の第三者に利用させてはならないものとする。当方は、登録されたパスワード等を利用して行われた行為は、全てユーザーが行ったものとみなします。

3. ユーザーは、パスワード等を譲渡、移転、担保提供その他の方法により処分、貸与し、又は承継(以下「譲渡等」という)させてはならないものとする。

第4条 (禁止事項)

1. ユーザーは,本サービスの利用にあたり,以下の行為をしてはならないものとする。

(1) 法令または公序良俗に違反する行為

(2) 犯罪行為に関連する行為

(3) 本サービスの内容等,本サービスに含まれる著作権,商標権ほか知的財産権を侵害する行為

(4) 当方,ほかのユーザー,またはその他第三者のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為

(5) 本サービスによって得られた情報を商業的に利用する行為

(6) 当方のサービスの運営を妨害するおそれのある行為

(7) 不正アクセスをし,またはこれを試みる行為

(8) 不正な目的を持って本サービスを利用する行為

(9) 本サービスの他のユーザーまたはその他の第三者に不利益,損害,不快感を与える行為

(10) 他のユーザーに成りすます行為

(11) 当方が許諾しない本サービス上での宣伝,広告,勧誘,または営業行為

(12) 面識のない異性との出会いを目的とした行為

(13) 当方のサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為

(14) その他,当方が不適切と判断する行為

第5条 (本サービスの提供の一時中断。停止・中止等)

1. 当方は、次の各号のいずれかに該当する場合には、ユーザーへの事前の通知又は承諾を要することなく、本サービスの提供を一時中断・停止することができるものとする。

(1) 本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合

(2) 本サービスにかかる設備、機器、システム等が停止した場合

(3) 運用上又は技術上の理由でやむを得ない場合

(4) 各種データのバックアップ等を行う場合

(5) 戦争・内乱・暴動、労働争議、天災地変(地震、落雷、噴火、洪水、津波等の風水害等)、火災、停電、疫病の蔓延その他の非常事態により、本サービスの提供ができなくなり又は支障が生じた場合

(6) その他当方が必要と認めた場合

2. 当方は、理由の如何にかかわらず、ユーザーへの事前の通知又は承諾を要することなく、本サービスの一切の提供を中止することができるものとする。

3. 当方は、第13条又は前項に定める事由のいずれかにより本サービス提供の中断若しくは停止又は利用契約の解除をしたことに関してユーザー、対象者又はその他の第三者が損害を被った場合であっても、なんら法的な義務及び責任を負わないものとする。但し、当方に故意又は重大な過失がある場合はこの限りではありません。

第6条 (個人情報等の取扱い)

当方は,本サービスの利用によって取得する個人情報については,当方「プライバシーポリシー」に従い適切に取り扱うものとし、ユーザーはこれに同意する。

第7条 (知的財産権)

1. 本サービスにおける著作権および商標権その他知的財産権は、当方に帰属するものとする。

2. ユーザーは、当方に対し、本サービスの提供のために必要な範囲で自らの創作した著作物を利用すること(再許諾することを含みます。)を、無償で、期限の定めなく許諾するものとする。

第8条 (本規約等の変更)

1. 当方は、必要と判断した場合には、本規約、利用契約又は本サービスの内容をいつでも変更できるものとする。

第9条 (非保証)

1. 当方は本サービスに関して、明示及び黙示を問わず、次の各号の保証を含め、事実上及び法律上の保証は一切行わないものとする。

(1) 停止することなく、継続して運営されること

(2) 本サービスに生ずる欠陥が常に復元、修正されること

(3) セキュリティに関する欠陥がないこと

(4) コンピュータウイルス等の有害なものが含まれていないこと

(5) エラー、バグや障害等が生じないこと

第10条 (反社会的勢力)

1. ユーザーは、次の各号に該当しないことを将来にわたり表明保証し、誓約するものとする。

(1) ユーザーは、自己または自己の代理人もしくは媒介する者が、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員ではなくなったときから10年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等 標ぼうゴロまたは特殊知能暴力団等、その他これらに準ずる者(以下、これらを総称して「反社会的勢 力」という)であること。

(2) 反社会的勢力が経営を支配していると認められる関係を有すること。

(3) 反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること。

(4) 自己もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること。

(5) 反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること。

(6) 役員または経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること。

(7) ユーザーは、自己または第三者を利用して次の各号の行為を行ってはならないものとする。

(a) 暴力的な要求行為

(b) 法的な責任を超えた不当な要求行為

(c) 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力用いる行為

(d) 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて、当方の信用を毀損し、又は当方の業務を妨害する行為

(e) その他前各号に準ずる行為

2. 当方は、ユーザーが前項に違反している懸念が生じた場合は、ユーザーに対して調査への協力及び資料の提出を求めることができるものとする。また、ユーザーは、調査に合理的な範囲で協力し、その範囲内で要請を受けた資料を提出しなければならないものとする。

3. 当方は、ユーザーが次の各号のいずれかに該当する場合、催告することなく利用契約を解除できるものとします。この場合において、ユーザーに損害が生じた場合でも、当方はこれを賠償する責任を負わないものとする。

(1) 第 1 項に違反した場合

(2) 第 1 項に違反している懸念が生じ、それにより利用契約を継続し難い状況が生じた場合

第11条 (免責事項)

1. 当方は、本規約若しくは本サービスの変更により損害を被った場合であっても、なんら法的な義務及び責任を負わないものとする。但し、当方に故意又は重大な過失がある場合はこの限りではないものとする。

2. ユーザーは、本サービスの利用(対象者に利用させることを含みます。)に関連して、対象者又は第三者との間に紛争が生じた場合には、自己の責任において一切を処理するものとし、当方は当該紛争につきなんら責任を負わないものとする。

3. 当方は、地震、台風、津波その他の天災地変、輸送機関の事故、不慮の事故や疾病その他の不可抗力により、本サービスの全部または一部の提供の遅れ又は不能が生じた場合でも、なんら法的な義務及び責任を負わないものとする。

第12条 (管轄裁判所)

本規約及び利用契約に関する紛争解決のための準拠法は日本法とし、第一審の専属的合意管轄裁判所は、東京地方裁判所とします。

第13条 (疑義の解決)

本規約に定めのない事項または疑義を生じた事項については、その都度ユーザーと当方の間で協議し、誠意をもって解決するものとする。

以上